うち かれ。 アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

かれ うち かれ うち

あの人にこの思いを知らせて、拒まれた上で初めて我が身を恨もうではないか。 掲出歌は「苔の下水」という幽かな上にも幽かな水流に焦点をあて、細やかに感覚をはたらかせつつ、水が「道を求む」と言って、自然に意志があると見なし、力動感ある春の始まりの時を描き出した。

3
かれ うち かれ うち

によって「しばしとて」を強め、「しかし結局長居してしまった」との余情を含ませている。 秋篠からは西に眺められる。

18
かれ うち かれ うち

は反語。 振込手数料はお客様負担でお願いいたします。 その凄切たる美しさを知り、都で見た月と比較して、情趣の深さの違いに思いを致している。

13
かれ うち かれ うち

【補記】「世をいとふ名」とは、俗世を捨てた出家者に対する世間の肯定的評価ということである。

20
かれ うち かれ うち

【補記】難波には広大な干潟があり、春になれば海上に霞がたちこめ、蘆原の若葉が萌え出る。 【他出】西行家集、宮河歌合、玄玉集、西行物語 【鑑賞】「左歌、世の中を思へばなべてといへるより、をはりの句の末まで、句ごとに思ひ入れて、作者の心ふかくなやませる所侍れば、いかにも勝ち侍らん」(『宮河歌合』藤原定家判詞)。

14
かれ うち かれ うち

それは囚われのない自由な境地への憧れでもあろう。

1
かれ うち かれ うち

恋 寛平御時きさいの宮の歌合のうた (二首) 恋ひわびてうちぬる中に行きかよふ夢のただぢはうつつならなむ (古今558) 【通釈】恋に悩んで悶々と過ごすうち、ふっと落ちた眠りの中で、あの人に逢えた。 新古今集では雑部に収めるが、『西行法師家集』では秋の部にあり、題「雑秋」。

9
かれ うち かれ うち

【補記】親友の僧侶西住の臨終に際しての詠。

4
かれ うち かれ うち

【他出】御裳濯河歌合、西行家集、玄玉集、定家八代抄、御裳濯和歌集、時代不同歌合、歌枕名寄、西行物語、六華集 【参考歌】「赤染衛門集」「玉葉集」 消えはてぬ雪かとぞみる谷川の岩間をわくる水のしら波 【主な派生歌】 み吉野は草のはつかに浅緑たかねのみ雪いまや消ゆらむ 水上の高嶺の雪も今日とけて清滝川に春風ぞ吹く 題しらず すぎてゆく羽風なつかし鶯よなづさひけりな梅の立枝に (994) 【通釈】飛び過ぎてゆく羽風が香って慕わしい。 【補記】新古今集は「題しらず」、『西行法師家集』は「月」。

14