Nba 試合 結果。 NBA

試合 結果 nba 試合 結果 nba

審判員の賭博事件がNBAの疑惑に発展。 ファイナル [ ] 両カンファレンスを優勝したチーム同士で行われる決勝は「」(6月上旬 - 中旬開催)と呼ばれ、世界各地に中継放送されて3億人が観戦していると言われる。 ただし、放送はすべて現地で制作され配信されるため、音声は英語のみであるが、往年の名選手の解説を聞くことも出来る。

試合 結果 nba 試合 結果 nba

オーバータイム時はタイムアウトが3回。

7
試合 結果 nba 試合 結果 nba

(ポジションごとにもっとも守備の優秀な選手を選出。

17
試合 結果 nba 試合 結果 nba

ゴール下のペイントゾーンが長方形である。

5
試合 結果 nba 試合 結果 nba

2005年 - 労使協定が締結され、ドラフト対象選手の年齢が引き上げられる。 ファーストチーム以下、セカンドまで計10人が選ばれる)• 5年間で、同じディビジョンの4チームと80試合、同カンファレンス他ディビジョンのチームとの対戦は、180試合(ホーム90、アウェイ90)、異なるカンファレンスのチームとは150試合になり、スケジュールの不均衡がなくなるように調整される。

16
試合 結果 nba 試合 結果 nba

1秒単位での修正がある)に、録画判定(インスタントリプレイと呼ばれる)が使用される場合がある。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 1954年 - 24秒バイオレーションルール(ショットクロック)を導入。

19
試合 結果 nba 試合 結果 nba

1960年 - がに入団。

1
試合 結果 nba 試合 結果 nba

(2015年12月現在)• カンファレンスセミファイナルは、A-D、B-Cで対戦し、それぞれの勝者でカンファレンスファイナルを戦う。 チームの弱点、強みをスカウトし、シーズン開始に備えて選手補強を図り、12名のアクティブロスターと3名の控えプレーヤーを揃える。

4
試合 結果 nba 試合 結果 nba

71メートル)。 所属チーム [ ] イースタン・カンファレンス [ ] 地区 チーム 創設年 加盟年 本拠地 イースタン・カンファレンス BOS Boston Celtics 1946 BKN Brooklyn Nets 1967 1976 ・ NYK New York Knicks 1946 ・ PHI Philadelphia 76ers 1946 1949 TOR Toronto Raptors 1995 CHI Chicago Bulls 1966 CLE Cleveland Cavaliers 1970 DET Detroit Pistons 1941 1948 IND Indiana Pacers 1967 1976 MIL Milwaukee Bucks 1968 ATL Atlanta Hawks 1946 1949 CHA Charlotte Hornets 2004 MIA Miami Heat 1988 ORL Orlando Magic 1989 WAS Washington Wizards 1961 ウェスタン・カンファレンス [ ] 地区 チーム 創設年 加盟年 本拠地 ウェスタン・カンファレンス DAL Dallas Mavericks 1980 HOU Houston Rockets 1967 MEM Memphis Grizzlies 1995 NOP New Orleans Pelicans 1988 SAS San Antonio Spurs 1967 1976 DEN Denver Nuggets 1967 1976 MIN Minnesota Timberwolves 1989 OKC Oklahoma City Thunder 1967 POR Portland Trail Blazers 1970 UTA Utah Jazz 1974 GSW Golden State Warriors 1946 LAC Los Angeles Clippers 1970 LAL Los Angeles Lakers 1946 1948 PHO Phoenix Suns 1968 SAC Sacramento Kings 1945 1948 現在の各チーム所属選手 [ ]• また2019年はも放送されている。 で金メダル獲得。