テオフィリン 中毒 症状。 テオフィリン

中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

6ヵ月未満の乳児では、テオフィリンクリアランスが低く、テオフィリン血中濃度が上昇することがある。 不安・興奮などの精神症状• 大量服用例では、私が経験した症例の如く、9時間後にも異常高値を持続しやすい。

3
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

肝薬物代謝酵素が阻害され、テオフィリンクリアランスが低下するため、テオフィリン血中濃度が上昇すると考えられる。 リルゾール リルゾールの作用を増強(副作用発現)するおそれがある。

中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

そして治療域に入って、中毒域に入らない濃度の範囲を安全域と呼びます。 また、連続併用によりテオフィリン血中濃度が上昇することがある。 2歳未満のてんかんのある児• 併用により中枢神経刺激作用が増強される。

13
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

痙攣の既往歴のある小児 0歳〜14歳• 調剤薬局の窓口でもそう説明しましたが、実際は100mg錠と50mg錠 を各2錠ずつ服用するものと誤認され、服用してしまいました。 同一名柄の薬剤を2種類以上処方すると服用方法が複雑になります。

17
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

どういったものでテオフィリンの血中濃度を下げるか確認しておきましょう。 タバコの受動喫煙によっても、テオフィリンの血中濃度が下がる可能性があります。 現在、学会・厚生労働省の研究班が調査をしています。

10
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

過量投与」の項参照) 副作用の発現に注意し、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

6