東京 都 アメダス。 東京都 東京のアメダス

都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

青ヶ島(あおがしま) [伊豆諸島南部 八丈島] 青ヶ島村 (あおがしまむら) 観測要素:降水量 八丈島の南60kmほどの所に浮かぶ島です。 隣の公園の敷地の続きのようです。 北の丸公園試験観測データ 平成24年3月1日から移転の日までの試験観測データを公開しています。

都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

《地域気象観測所・地域雨量観測所》 小河内(おごうち) [東京地方 多摩西部] 西多摩郡奥多摩町原 (にしたまぐん おくたままち はら) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 古くは小河内村(おごうちむら)だったところですが、現在、村の人達が住んでいた地区のほとんどは奥多摩湖の底に沈んでいます。 途中の道端には、「大島測候所」と書かれた案内板が残っていました。

4
都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

も併せてお読みください。 建物の南側にフェンスで囲まれた露場があり、写真右側に写っている塔の上に風向風速計と回転式日照計が設置されています。

7
都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

上の写真の施設から2kmほど離れた場所です。 平成26年12月2日に「東京」の気象観測地点を千代田区大手町から北の丸公園へ移転しました。

都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

各地のアメダス• 写真奥に見える建物は、旧測候所のものでしょうか。 一般の人が目にすることを意識してか、各測器の名称を書いた看板が柵の中にあります。

18
都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

次に示すように、測風塔が別の場所にあるのですが、こちらの建物の屋上の塔にも風向風速計があります。 測候所が元あった場所には測風塔が建てられており、風向風速計と回転式日照計はこちらの塔の上に設置してあります。 立派な建物が残されていて、その東側に露場があります(写真右)。

都 アメダス 東京 都 アメダス 東京

見に行った時は何やら工事中で、露場も土が剥き出しになっていました。