糸川 渡船。 サビキでハマチを釣る!

渡船 糸川 渡船 糸川

ゆっくり下ろします。

15
渡船 糸川 渡船 糸川

乗り場へは、そのまま直進しますと、 賀田漁港があります。

11
渡船 糸川 渡船 糸川

ここで今回体験する釣り方の紹介です。 がまかつの「泉州サビキ(皮付)」です。

10
渡船 糸川 渡船 糸川

香魚、納竿はまだしてませんが今のままでは自然納竿に成りそうです。 10時ごろ、ダンゴが割れた後のアタリを合わせると強い引き、養殖マダイだったが45センチをゲット。

渡船 糸川 渡船 糸川

しかし捕れない。

17
渡船 糸川 渡船 糸川

1投目で早くもアタリが!小さいアタリで合わせられず。 電車で来られる場合 <名古屋方面から> J R特急「南紀」で「尾鷲駅」下車、 普通に乗換えて新宮・熊野方面へ、 4 つ目の「賀田駅」で下車。 昼まで真鯛狙い、午後アオリ狙いなんてのも良いかも。

渡船 糸川 渡船 糸川

そこは、貝養殖のブイが多く浮いているところで、夏はそこにクロダイが捕食しに来るのが見えるという。 今度は底から腕いっぱいまでしゃくりゆっくり下ろす。

5
渡船 糸川 渡船 糸川

2回目竿一杯まで降りたらフリーにして再度底取りをします。 水深30mのカセに降ろしてもらったが竿受け固定の木材が無かったため、移動を依頼、クロダイ狙い用の筏「黒崎」へのせてもらった。

20
渡船 糸川 渡船 糸川

早々に1匹釣れて気持ちに余裕も。 捌いた状態では区別は難しい。 デカイのがいるようです。