池田 脳神経 外科。 池田脳神経外科

外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

受診いただいたみなさまが安心した日常生活を送ることができるよう、お困りの症状があればいつでも気軽に受診していただけるような「よりどこ ろ」となれるように努力いたします。

9
外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

診療時間. 指定自立支援医療機関(精神通院医療)• 但し急患の場合は、診療時間外でも診療致しますのでお電話下さい。 CT検査が必要な際は、是非当院のシステムをご利用頂けるようお願い申し上げます。

外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

さらに詳しい検査が必要であれば連携先の大学病院へ紹介しています。 学位・専門医 医学博士 日本脳神経外科学会専門医 日本脳卒中学会専門医・同 指導医 日本頭痛学会専門医・指導医 日本認知症学会専門医・同 指導医 認知症サポート医(春日市認知症初期集中支援チーム員) 日本ボクシングコミッションドクターライセンス 所属学会 日本脳神経外科学会 日本脳神経外科コングレス 日本脳卒中学会 日本脳卒中の外科学会 日本小児脳神経外科学会 日本神経内視鏡学会 日本頭痛学会 日本てんかん学会 日本CI学会 日本リハビリテーション学会 認知症学会 認知症ケア学会 認知症予防学会 学歴 昭和60年3月 青雲高等学校卒業 平成 3年3月 福岡大学医学部卒業 平成 9年3月 福岡大学大学院病態構造系 満期終了 職歴. We wish to contribute to the regional healthcare by offering expert level in diagnosis and treatment, especially in the area of neurological diseases. 認知症診断は画像検査とともに、臨床心理士による詳細な心理検査により、状態の把握に努めています。

17
外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

指定医療機関• 血液検査、画像検査(CT,MRI、MRA、SPECT)、頸動脈エコーが可能です。 麻酔科認定病院• 施設認定 ・日本神経学会専門医制度認定准教育施設 ・日本認知症学会教育施設 ・日本臨床神経生理学会教育施設 スタッフ. 参考情報: 脳梗塞t-PA, C型肝炎, 肥満, 高血圧, 禁煙治療, 糖尿病,. 主な疾患 ・脳脊髄:脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作など) ・神経変性疾患(パーキンソン病、パーキンソン症候群、脊椎小脳変性症、筋萎縮性側索 硬化症など) ・認知症(アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、レヴィー小体型認知症など) ・末梢神経疾患(ギランバレー症候群、遺伝性末梢神経障害など) ・髄膜脳炎(感染性、自己免疫性など) ・自己免疫疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症など) ・筋疾患(筋炎、ミオパチーなど) 医療機関の先生方へ 神経伝導検査や針筋電図などの神経生理検査や生検などを駆使し、神経筋疾患の診断を積極的に行っております。

6
外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

地域救急医療およびもやもや病の外科治療• 診断設備 一般撮影装置 GE製1. 頸動脈ステント留置術実施施設• 撮影画像はフィルムだけでなく、CDでお渡しすることも可能です。

15
外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

19床有床診療所• 検査としては、血液検査、脳脊髄検査、画像検査(CT、MRI、MRA、SPECT、DATscan、心筋シンチなど)、頸動脈エコー、神経生物学的検査(脳波、神経伝導検査、針筋電図、誘発電位)、末梢神経生検、筋生検などを行います。 脳腫瘍や正常圧水頭症では、連携先の病院へ入院のうえ、更なる検査や治療を行っています。 パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経変性疾患では、投薬加療と生活指導、場合によってはリハビリテーションを行います。

5
外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

リハビリテーション• 等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律 平成6年法律第30号 に基づく指定医療機関を含む。 認定施設• ・もやもや病の患者様でセカンドオピニオンご希望の方は、お問 い 合せ下さい。 診療科 [ ] この節の出典• 日本神経学会准教育施設• Please feel free to visit us if you have any symptoms or problems concerning neurological disorders. お使いの端末やブラウザ(Webサイト閲覧ソフト)によっては、別カテゴリに遷移すると、 投稿ユーザーの機能をご利用の際に、再度ログインが必要な場合がございます。

16
外科 池田 脳神経 外科 池田 脳神経

診療内容 神経疾患は慢性に経過する変性疾患のようなものから、髄膜脳炎、ギランバレー、脳卒中などの救急対応が必要なものまで幅広い対応が必要となります。

6